一般財団法人 恵愛会 聖隷富士病院看護部

応募・資料請求・病院見学のお問い合わせ

教育について

看護のプロフェッショナルとして成長を目指す方々を、全力でサポートします。

教育について

成長をバックアップ!聖隷富士病院の教育制度

資質能力の向上

当院の教育制度は、医療人・看護師としての専門性と、聖隷グループ・病院・看護部の一員としての組織性を、バランスよく育成することを目標としています。

集合研修

集合研修は、「看護部集合研修」「人材育成委員会主催集合研修」「聖隷福祉事業団研修」の3つに大きく分けられ、新人、2年目、3年目と、習熟度に合わせた研修プログラムを用意しています。また、聖隷沼津病院や、他職種と合同で行う研修もあり、他院の事例や他職種の視点を学び、チーム医療に活かすためのよい機会にもなっています。

クリニカルラダー

当院のクリニカルラダーは詳細な評価表に基づいて運用されています。年度初めに個人目標を設定し、年度末に、職場長とともに一年を振り返って達成度を確認。次年度の目標について話し合います。

教育委員長から

看護部教育委員長・望月

社会人として自立し、専門職として活躍できる人材を共育

看護部では働き続けられる職場づくりを基本に、人材の共育を目指してさまざまな研修を行っています。新人看護職員研修は、知識と技術習得を併せ持った内容で、他職種の協力を得ながら行っています。また、スキルアップ学習会として各職場単位で行われる勉強会に自由に参加できるシステムもあります。この他に院内委員会の勉強会など幅広く学習できる機会を設けています。

聖隷沼津病院との合同研修も行っており、新人研修・2年目研修・中堅研修に、他職種と共に参加しています。2年目以降は専門職としてのスキルアップを目指し、ラダー階層別に研修が組まれています。看護補助者研修も1年に9回実施し、看護補助者業務を遂行するために必要な基本的知識・技術が習得できる研修を実施しています。

このような共育により、社会人として自立し、専門職としていきいきと働き成長できるプログラムを組み、患者さまに安全で安心できる医療・看護を提供するよう励んでいます。

私たちの成長ストーリー

  • 若手看護師①
  • 若手看護師②
  • 中堅看護師①
  • 中堅看護師②
  • 認定看護師
  • 循環器専門ナース
  • 透析療法指導看護師
梶山(手術室)

2017年4月に新卒として入職しました。複数の診療科を対象とする手術室は、覚える術式も多く大変ですが、それぞれの疾患・術式に合わせた看護を学ぶことができます。また、初めて自分が関わる手術などでは先輩から事前に細かく説明していただき、手術後も振り返りをしてもらうことで次の目標を見つけることができています。配属当初、何も分からなかったところから、現在は少しずつですが参加できる手術が増えたことを考えると、成長できたなと感じることができます。

優しく丁寧なご指導に加えて、何かあると話を聞いてくださる心強い先輩方に囲まれているので、楽しく働くことが出来ています。忙しい中でもみんなで協力し合い、明るくチームワーク良好な部署だと思います。手術室看護に興味のある方、ぜひ一緒に働きましょう。

吉野(5階病棟)

勤務は大変なことや難しいこともたくさんありますが、病棟スタッフと支えあいながら楽しく働いています。今年で看護師2年目になり、ナイチンゲール看護論を新たに学んで、患者さまの回復の促進を新たな目標に掲げています。日々、勉強が必要ですが、学んだことが患者さまのためになった時はとても嬉しく、やりがいを感じることができます。

一通りの業務をこなせるようになったばかりで、まだまだ戸惑うこともたくさんありますが、そんな時は、先輩方が優しく指導してくださり自分で答えを出すことを支援してくれるので、毎日多くの学びを得ることが出来ます。今後も笑顔を大切に看護していこうと思います。

柳原(6階病棟)

未経験の分野でも手厚いフォローを受けられ安心

急性期ではない病院から転職してきました。面接の際「前職で関わったことのない分野なので、少し不安があります」とお伝えしたところ、係長が1年間フォローに付いてくださることになりました。研修のレポートに目を通して事前に指導してくださり、中途にも手厚いフォローをしてくれて、とても助かりました。今でも何かと気にかけてくれるので心強いです。

私のように急性期が未経験でも、しっかりサポートしてもらえるので問題なく働けます。例えば病棟勤務が未経験の方なら、まずは慢性期でゆっくり慣れていきたいなど、その人に合った方法でスタートすれば良いと思いますし、相談に乗ってもらえます。未経験の分野でも、学びたいことはしっかりサポートしてもらえるので、安心していらっしゃってください。

梅田(5階病棟)

新卒で入職して7年目になります。新人時代は同期のスタッフと切磋琢磨しながらできることを増やし、経験を重ねていく中で看護する楽しさを実感できるようになりました。集合研修では、その時々で自分自身を振り返り次のステップに向けての役割を認識することができます。

看護師は24時間患者さまを継続して看る役割があり、常に患者さまに関心を持ち、思いに応えられるよう関わる時間を大切にしています。そしてチームで情報共有し患者さま・ご家族の思いはもちろん、スタッフの思いも大切に看護を実践しています。何年経っても学び・成長できる環境です。あたたかい先輩、何でも伝え合える同期、フレッシュな後輩と共に成長できる職場で日々の看護を楽しんでいます。

半田(糖尿病看護認定看護師)

病院からのサポートを受けて認定資格を取得

2009年に看護相談室を設立し、糖尿病患者さまに対する療養支援を行ってきました。糖尿病看護では、患者さま自身がセルフケアの重要性に気付き、その能力を高めるための支援が必要です。しかし、自身の支援ではセルフケア行動の実行に至らない患者さまと出会ったことで、一度現場を離れてスキルアップをする必要があると考え、認定看護師を目指して日本看護協会看護研修学校に入学しました。

当院初の認定看護師だったのですが、看護部長に相談するとすぐサポート体制を検討してくださり、在学中は奨学金をお借りして学ぶことができました。認定資格を取得してからは、専従で糖尿病患者さまへの看護を行っています。

前道(循環器専門ナース)

循環器ケアをより深く実践するために資格を取得

当院で循環器科の診療が始まり3年半がたちました。医師の治療方針を理解し、最先端の知識を得て患者さまに関わっていきたいと思い、昨年度、循環器専門ナースの資格を取得しました。研修によって、心筋梗塞、狭心症、心不全、不整脈などの循環器疾患について、観察のポイントや考え方など実践に結びつく知識を得られました。

心電図や薬、血圧や患者さんの訴え、触診、聴診、視診などをもとに患者さまの変化にいち早く気づくことができるよう、日々の業務に取り組んでいます。また、病気の捉え方や患者さまが現在置かれている状況について、スキルアップした知識と経験をもとに、共に働くスタッフへの指導・教育も行っています。

循環器疾患は今までの生活と年齢の積み重ねで起きるものがほとんどなので、患者さまとご家族にとってわかりやすい説明を心がけています。身近なサポート役として頼られるよう、日々学習と努力をしていきたいと思っています。

和田(透析室)

取得した資格を幅広い業務に活かしています

透析看護において対応に苦慮する事例が多く、より専門性の高い知識に基づいたアプローチが必要だと感じ、日本腎不全看護学会の講習などで体系的な学習をしました。病院からの支援を受けて、透析看護のキャリアを幅広い業務に活かせるこの資格が取れた時は、看護師としての行く末に思い悩んでいた自分に追い風が吹いたように思いました。

透析療法指導看護師の活動のひとつは、CKD患者へ病期に応じた生活指導を行い、重症化予防に努めることです。栄養士と連携し、患者さまの状況を把握しながら療養行動を支援します。

もうひとつは、末期腎不全患者の腎代替療法(血液透析・腹膜透析・腎移植)への円滑な移行です。治療選択は生き方の選択です。患者さまのご家族、ケアマネージャー、院内メディカルソーシャルワーカー、外来・病棟・透析室看護師、医師らと情報を共有し、患者さまが安心して治療を始められるよう支援しています。